ドイツで暮らすアジア人と日本人(在留邦人の数)

スポンサーリンク

ドイツで目にするアジア人は中国人が多いです。日本人っぽい人がいて話しかけたら中国人だった、というのはよくあります。他のアジア人ではタイ人、ベトナム人、台湾人、韓国人などが多いようです。アジアっぽい外見だけど、ロシア人やカザフスタン人なども時々います。

中国人ほど数が多くないにしても、日本人もそれなりにいて、こんなところにも、というぐらい小さな町でも日本人が暮らしています。大人がひとりで歩いていると何人か分かりませんが、子連れだと親子でしゃべっていることが多いので、言語から何人かが分かりやすいです。

具体的な在独邦人の数

外務省の統計では、ドイツで暮らす日本人は37,393人(2013年10月)世界中に散らばっている日本人の約3%の計算になります。このうちの9124人が永住者です。

意外と多いというよりわたしは意外と少ない、と思いました。まわりに沢山いるので、ドイツ全土ではもっと沢山の日本人がいるのではないかと思ったのです。

ドイツの都市別で見てみますと2011年の統計で在留邦人の数は、

  1. デュッセルドルフ 8233人
  2. ミュンヘン 3590人
  3. フランクフルト 2826人

管轄の大使館や総領事館では、

  1. デュッセルドルフ 12441人
  2. ミュンヘン 9771人
  3. フランクフルト 5995人

となっています。この数字から、各々の都市部だけでなく、その周辺の都市にも多くの日本人が分散していることが分かります。この数字だと、例えばミュンヘンにシュツットガルト周辺も含まれますから、かなり広範囲の数です。

中国は大切なビジネスパートナー

ドイツ企業にとって日本が重要なビジネスパートナーとしてもてはやされていた時代はもう終わって、今は中国のほうが勢いがある感じがします。実際、日本企業もドイツから撤退する企業が多くて、2013年の報告書ではドイツの在留邦人は前年比で1347人が減少しています。

参照

  • http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/germany/data.html
  • http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/tokei/hojin/
  • https://www.google.de/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&ved=0ahUKEwi2o4Gjyb3KAhUDPhQKHQbjBDsQFggeMAA&url=http%3A%2F%2Fwww.mofa.go.jp%2Fmofaj%2Ffiles%2F000049149.pdf&usg=AFQjCNGRBtjDd1nKcrP42DQzwP8LtqnQmA&cad=rja
  • http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/9393.html
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする