ドイツのクリスマス準備は10月に始っている

スポンサーリンク

ドイツのクリスマスは大げさすぎて面倒だ、とわたしたち夫婦は考えているので、ドイツで暮らす独日家庭の割りにうちのクリスマスはあまり気合が入っていないほうだと思います。彼の実家とも、大人のクリスマスプレゼントはナシか気持ちだけ、ってことで同意しています。

実は11月の今頃はドイツではすでにクリスマス準備で忙しくなっています。ハロウィーンも終わらないうちにクリスマスの話をすると、日本人的には???だと思うかもしれませんが、早い人ではドイツのクリスマス準備はもう10月中旬から始まっています。これはお店をやっているとか特殊な場合ではなく、普通の人にとってそうなのです。12月はじめのニコラウス、12月1日のアドベントカレンダーもありますから、日本よりクリスマスの始まりが約1ヶ月早い感じです。

かといって、ドイツで今からクリスマスデコレーションを始めてしまうと季節はずれで笑われてしまいます。観光客相手に年中クリスマスグッズを売っているお店でもないかぎり、デコレーションはアドベント期間の直前に解禁です。

オモチャを扱うミュラーが毎年10月中旬にやるおもちゃ全品20%オフ。これはクリスマスプレゼントを先取りしたものです。絶対にコレ、という確信がある親はここで既に買ってしまいます。クリスマス前には安くなることもあるけれど、品切れすると子供の夢を叶えてあげられなくなります。せっかくのクリスマスにがっかりする子供を見たい親はいないでしょう。でも11月から12月はいろんなお店がクリスマスプレゼント需要を狙った目玉商品を出してきます。買ってしまった物が驚きの価格で出てくることも。早めに買いすぎて子供の希望が変わってしまうことも。そこらへんがまた難しいのです。

プレゼントはまだ12月24日まで時間がありますが、困るのがアドベントカレンダー(Adventskalender ドイツ語ではアドベンツカレンダー)。こちらは12月1日から24日までのもの。チョコレートやハリボ、レゴやプレイモビールなど買って渡すだけ、というアドベントカレンダー。おばあちゃんやおじいちゃんが孫にそういうものを与えたりもしますが、出来るママや独身の若い女性ははこれを手作りするのです。

TCM-ADVENTSKALENDER2015

いまチボにも15ユーロぐらいでこんなアドベントカレンダー手作り用の袋が売っていますし、dmでも見ました。これは10月中旬に出始めて、11月中旬ぐらいまでに買うものです。12月に入る前に完成させないといけないものだからです。

ドイツで子育てブログとか、インテリアブログをやってるような素敵ママはこのアドベントカレンダーの袋や箱やタペストリーなんかもおしゃれに手作りしちゃったりします。おばあちゃんが縫ってくれたものを大事に毎年使う家庭もあります。いずれにしても、受取る子供に合わせて、毎日お菓子やオモチャや文房具や日用雑貨などこまごまとしたかわいいものを入れます。

余裕があればそんなことをするのも楽しいでしょうが、子供の普段の世話だけでいっぱいいっぱいのわたしはとてもそういうことをやる時間も気力もありません。ありがたいことにお金も時間も持て余している義理の姉が毎年手作りして11月の終わりに送ってくれます。

アドベントカレンダーだけでなく、クリスマスプレゼントの包装紙、デコレーション、クリスマスツリーの飾りなんかもドイツ人向けのものは普通は10月~11月に目に付いたら買っておいたほうが無難です。観光客用のお店は別ですが、12月直前になると品切れも増えます。12月中旬に地元のクリスマス用品の専門店で飾りを買い足そうと思ったら、数が少なくて、まだ入荷があるか聞いたら「もうシーズン終わりだもの」と鼻で笑われました。(←感じわるー)クリスマスが近づくにつれてドイツでは街ゆく人はとても忙しそうになってきます。

そう、12月のドイツ人はとても忙しいのです。毎日アドベントカレンダーを開けるだけじゃなく、毎週末にケーキを焼いてアドベントを祝ったり、クリスマスクッキーを大量に焼いたり、家族分のクリスマスプレゼントを揃えたり、どの家族とどこでクリスマスを過ごすか考えたり、帰省準備をしたり、料理のメニューを決めてお肉屋さんに注文したり。

ただし、クリスマスツリーは生木を使う家庭が多いのもあって、クリスマス直前に買って飾ります。友人の実家が森を所有していて、クリスマスツリーの直売をしていたのですが、12月23日とか24日に買いに来る人が多いのに驚きました。でもその後は新年までクリスマスの飾りつけのまま。日本みたいに25日に大急ぎで片付ける必要はありません。ただし、生木なのでちゃんと幹を水につけていても、1月のはじめには葉がぽろぽろと落ち始めます。

ドイツに来て間もない方は、ドイツのクリスマスの流れをなんとなく分かって12月を過ごすと、ドイツ人のクリスマスも多少は理解できるのではないでしょうか。わたしは長年ドイツに暮らしていますが、独身のときはのんきでした。自分の家族とドイツ人の義理の家族ができてからのクリスマスの大変なこと。

12月に入るとスーパーなどもやたらと込み合い、普段よりもどっさり買い物をする人々のせいでレジも大行列。とにかく何をしても忙しい。クリスマスとお正月を日本で過ごすときのドイツ人相方の嬉しそうなことったら。そんなに大変ならもっと縮小してしまえばよいのに、と思うのですがこればかりは家族も絡んでくるので簡単ではないのであります。気合の入った家族の行事だけに、家族喧嘩が勃発しやすいのもドイツのクリスマスの特徴といえるかもしれません。

皆様も早めの準備で無事にクリスマスと新年を迎えられますことを。(←早すぎ)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする