ドイツ語の勉強にもなる音の出る絵本、ティップトイ(tiptoi)

スポンサーリンク

2010年の発売以来ここ数年、種類もどんどん増えて人気のティップトイという音の出る絵本があります。日本にも音が出るペンを使う似たような英語教材などがありますが、こちらは普通にドイツ語を話す子が使うように作られている音声教材というところが違います。

こちらが公式サイト https://www.tiptoi.com/de/start/index.html

このドイツの子供たちに人気の音の出る絵本が日本人にはドイツ語教材としてかなり便利です。ドイツに来てまだドイツ語が苦手な子供、ドイツ語を勉強中の大人でも楽しく発音や会話を学ぶことができます。

ティップトイの良いところ

本によっても良い本とイマイチな内容の本がありますが、種類がそれなりに沢山あるので、興味のある分野から選べば関連の単語や会話などが繰り返し聞きたいだけ聞くことができます。

TIPTOI音の出る絵本

1冊の本で同じページでもいろんなゲームや解説が再生できるようになっているので、全部を丁寧に聞いていくとかなりボリュームがあります。ネイティブ用に作られているので、会話も自然なドイツの会話のスピードです。

子供の話すドイツ語というのは声の高さ、語彙、言い回しなどすこし大人の話し方とは違うドイツ語なのですが、実際に子供が話して録音してある音声データは子供同士が普段話しているような文も多いので、教科書では学べない生きたドイツ語です。

説明文は丁寧にはっきり発音されているので、ドイツ語が苦手でもわりと聞き取りやすいはずです。

ティップトイの悪いところ

ティップトイを使うには、最初にUSBでパソコンからインターネットに接続して使いたい本の音声データをダウンロードしてペンに保存する必要があります。

クリスマス前後にはこのダウンロード用サイトが混雑するせいか、エラーがでたり、とても重くてストレスを感じたりします。

あとは、旧型のペンだからかもしれませんが、ペン先の黒いパーツが子供が荒っぽく本にたたきつけたりしていると変形したり、割れたりします。読み取りは接触ではなく、ペン先の穴が見える状態になってさえいれば、ペンを近づけただけで音声は再生されます。

旧型ペンで黒いペン先がつぶれて読み込みがしにくくなっているときは、先のつぶれた部分をドライバーの先などの細くとがった物ですこし広げてやると読み込みがやりやすくなることがあります。

ペン先のプラスチックパーツの強度不足ですね。新しいペンはこのペン先のパーツが透明のプラスチックでカバーされているので、もしかしたら強度が上がっているかもしれません。

日本のアマゾンと楽天で取り扱いあり

ティップトイの本をいま探してみたら、日本のアマゾンで取り扱いがありました。本はドイツの値段とそれほどかわりません。現在セール価格の本は1000円ですから格安です。でもペンのついたセットは平行輸入品の高価なショップしか取り扱いがありません。

楽天は本の価格は高めですが、ペンを取り扱っているショップがあります。ペンだけで7900円なので、ドイツよりは割高ですが、ドイツでも40ユーロ(現在のレートで5000円)ぐらいなのでわりと良心的です。日本で入手したい方はこちらがおすすめです。

お気に入りのティップトイの種類

うちにある本でうちの子の他に遊びに来る子たちにも人気のtiptoiの本をご紹介します。

●Meine schönsten Kinderlieder

ドイツで人気の子供の歌が入っているのでペンの扱いができる子なら2歳過ぎから楽しく遊べます。音楽だけでなく、音符の説明や、音楽の説明もドイツ語で入っています。うちに遊びに来る幼稚園の子供たちにいちばん人気の本です。

音楽だけでなく、簡単な音楽のしくみ(CDEFGAHC)や、アカペラ音楽についても簡単な説明があります。普通の会話や楽器についても簡単に解説されていて、音楽以外にも楽しめる要素が沢山あります。

●Erste Zahlen

小さな子供が始めて数字にふれるのに適した簡単な内容で、数の勉強、数あそびの本です。ゲームなどの問題を解くのは4歳~5歳ぐらいでないと難しいようですが、音を出して遊ぶだけなら3歳や4歳になったばかりでも遊べます。個人差があるでしょうけれど、うちの子の場合はドイツ式にわりとのんびりしているので4歳の誕生日プレゼントにちょうどよいレベルかなと思います。

数字はドイツで暮らす大人にも、日常的に必要なとても大事なドイツ語ですから、音からしっかり慣れておいて損はありません。

新型ティップトイのペン、壊れる

子供たちが遊んでいたある日、ペンが機能しなくなりました。電池がなくなったから替えて、と子供たちは持ってきたのですが、電源ランプが点滅しているし、内蔵のプレーヤーの音声は機能します。

ただ、電源を切ったり、電池を入れ替えたりしてみても本の音声データが再生できない。

ネットで調べると、同じような症例の書き込みがあって、ペンをパソコンに接続して、ティップトイのウェブサイトからソフトウェアのアップデートをすると直るかもしれない、と書かれていました。

やってみたのですが症状は同じ。電源のみどり色のランプがチカチカと点灯するだけです。

ウェブサイトからメールを出したところ、ペンのロットナンバーを教えてくれという連絡があり、それを知らせると新しいペンを送る、ということでした。

Tiptoi-Stift hatte nur geblinkt

数日後にポストに新しいペンとUSPケーブルが封筒に入って届いていました。プレゼントしてもらったのでレシートもないし、どうしようかと思っていたのですが、メールのやりとりだけであっさり新しいペンを送ってもらえました。

今回壊れたのはプレーヤー内蔵の新型タイプ。去年のクリスマス前に購入した我が家でいちばん新しいペンです。古いペンは先がつぶれてしまっていますが、壊れてはいません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする