9-Euro-Ticketでドイツのバス電車が乗り放題

スポンサーリンク

ロシア・ウクライナ情勢の影響でガソリン代の高騰に嘆く声が広がるドイツですが、2022年6月1日から3ヶ月の期間限定で、「9ユーロチケット」という特別定期券が試験的に発売されます。

ついに9-Euro-Ticketの詳細情報が

アナウンスされてから話題にはなっていたものの、あまり詳しい情報が出ていなかったので、本当に導入されるのかと様子を見ていました。そして5月に入って地元新聞やローカルの鉄道会社にも具体的な情報が出始めました。どうやら噂の9ユーロチケットは実現するようです!

そもそも9-Euro-Ticketって何?

その名前の通り9ユーロのチケットで、2022年6月から8月末までの3ヶ月間だけドイツ全国で購入・利用できます。

買うときに名前が入るので他人や家族で貸し借りはできせん。DBアプリも対応予定だとか。また、子供料金は設定されていないため、利用したければ6歳以上のすべての人が同じ9ユーロでチケットを購入しなければなりません。

つまり名前を記入したチケットをアプリか紙で所有して、かつ身分証明書を持っていないといけないことになります。(大人は身分証明書、5年生以上の子供は学生証を持っているからいいとして、小学生がひとりで地元のバスや電車に乗る時はどうするんですかね?)

9ユーロチケットは、月ごとに新しく購入する必要があり、6月有効、7月有効、8月有効のチケットが発売されます。つまり、6月1日から買っても15日から買っても月末には失効するので月初の1日から利用するのが最大限にお得。

乗れる乗り物の種類は、バスや電車などのローカル線限定で、ICEやICなど特別料金の電車には乗れません。ファーストクラスにもアップグレードできません。船や特別な路線のバスなどは地元の交通機関で直接調べないとわかりません。

ローカルの鉄道会社によって規定が異なる可能性あり

地域でいろいろ規則が違うことの多いドイツですが、この9ユーロチケットもそのようです。例えばこちら、BW州、Stuttgart近郊のバスと鉄道を運営するVVS (SSB)の情報サイト。

https://www.ssb-ag.de/tickets/9-euro-ticket/

VVSの説明だと、9ユーロチケットでVVSネットワークエリア内は犬を連れて乗るのは無料、自転車も乗せられるとなっています。ただし、エリア外では無効と。

子供についても、6歳以上の子供は大人と同じ9ユーロチケットを自分の名前で買って利用することになりますが、親が9ユーロチケットをVVSエリア内で利用する場合、土日祝日は17歳以下の自分の子供に限って3人まで無料で連れて乗れると書かれています。

この特別ルールはVVSエリアから出ると無効なので、犬、自転車、子供等についての9ユーロチケットのルールについては、利用する前に地元の交通機関のウェブサイトなどでしっかりと確認するのがよさそうです。

ローカル線を乗り継げばドイツ国内どこまでも9ユーロ

日本でも青春18切符などありましたが、こちらは1ヶ月まるまる使って9ユーロ。しかも9ユーロチケットが導入されるドイツの6月7月8月は子供達の学校の夏休みが重なります。

今後もまた同じようなチケットが発売されるかは分からないので、もしかしたらこの3ヶ月だけの限定チケットになる可能性もあります。

大学生の学生定期や、子供の定期券の値段もけっこうな額なので、この9ユーロチケットの恩恵を受ける人はたくさんいると思います。平日に子供をふたり連れてローカルのバスや電車に乗ると地元の移動でも1回の往復で10ユーロを超えるのでお得感たっぷり。しかも既に期間中に有効な定期を持っている場合は、その分の払い戻しまでしてもらえるのだとか。

どんな効果があるのでしょうか

この新しい試みには発表当初からすでにいろいろな懸念があって、わたしが読んだオンライン記事では急に決まりすぎたので準備ができるのかとか、夏休みに当たるので路線によっては混雑しすぎるのでは、などが言われていました。

普段は車を使っていて、電車やバスに全く乗り慣れていない人はどのぐらいこのチケットで電車やバスを利用するのでしょうね。わたしたちはよく電車やバスを使いますが、身近な人たちのなかにも移動はすべて車で、電車やバスが分からないから一人で乗りたくないっていう人もいます。

でも新しい取り組みとしては楽しい!大きな混乱が起こらず、安く楽しくバスや電車の利用ができることを祈ってます。

発売は5月23日からの予定(2022年5月16日発表)

DBでは、9ユーロチケットの発売は5月23日からの予定であると発表しました。駅などで購入できる他、DBナビゲーターアプリでも購入が可能です。ただし、9ユーロチケット発売には5月20日に連邦議会で可決される必要があるため、あくまでも予定です。詳細はDBのウェブサイトでご確認ください↓

https://www.bahn.de/angebot/regio/9-euro-ticket

発売に現実味が出てきたので、子どもの学校からも定期を使っている家庭は9ユーロチケット情報をフォローしておくようにというメールが届きました。でも議会の承認が5月20日で、6月1日からの運用って、現場の方々は相当大変でしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする