ドイツのテレビ局ARDが安倍晋三首相のメディアへの圧力を報道

スポンサーリンク

ドイツの新聞テレビはあまり熱心にチェックしてないんですけど、最新ニュースの見出しだけブラウザーでチェックしてます。そこにあらわれた

“Japans Premier Abe setzt Medien unter Druck(日本の安倍首相がメディアに圧力)”の見出し。

いつまでこのリンクで読めるのか分かりませんがURLアドレス貼っておきます。
http://www.tagesschau.de/ausland/japan-zensur-101.html

冒頭はテレビ朝日の報道ステーションの1件について。”長年、政治コメンテーターをつとめる古賀茂明氏が、最近「I am not Abe」というボードをカメラに掲げた。”ことを取り上げて、これが一大センセーションを巻き起こしたとかかれてます。

“I am not Abe”の意味は”Ich bin nicht Abe”とわざわざ英語で説明されているところが変にツボだったりするんですけど、そうですよね、わかんない人にはわかりませんもの。

安倍政権が右よりに突っ走っている感は日本のニュースやインターネット上の情報でドイツ暮らしでも伝わっていましたが、こんな風にドイツで公共放送のARDでニュースで報道されるのをみると胸が痛いです。

胸が痛いっていうのともなんか違うかな。たとえて言うなら、みんなに知られてなかった親戚の素行が明るみに出ちゃった、みたいな。

これでドイツの安倍政権に対する批判的な路線が確定したっていうのもドイツ在住日本人としては複雑です。

ARDなんかでこうやって報道されてしまったらもちろん一般ドイツ人の知るところとなり、最近の日本の政治やメディアの問題についてドイツに住む人たちにいろいろ聞かれて議論をさせられ矢面に立たされる。外国人に住んでるだけの普通の日本人なのにありとあらゆる人たちに意見を聞かれ、批判を聞かされる。

事が大きくなればなるほど、近所でも、ママ友にも、お店でも、職場でも、カフェでも、気軽なホームパーティでも知らない人でも、日本人と知られればところかまわず話題に上がって議論になるわけですよ。100回でも1000回でも。

友達やご近所さんにはドイツ人もいれば、中国人、韓国人、トルコ人、ロシア人、シリア人、ウクライナ人、ルーマニア人、イタリア人、スペイン人等々、かけないくらい沢山の国籍の人がいる。

そんな人たちからいまの日本の政治について意見を聞かれるこの辛さ。外国人としていやな目に会うことはたまにあっても、わたしの環境では滅多にないことだし、日本で行われてるヘイトスピーチなんてありえない。本屋に「嫌日本」が平積みなんてことはいまの政治では絶対にない国なんですドイツ連邦共和国は。

外国人とドイツ人の権利は同じではないけど、ドイツは日本と比べてかなり寛容にいろんな権利が保障されていて暮らしやすい国です。わたしの場合、タダ同然で何年も大学に行かせてもらったので恩もあります。子供手当ても育児休暇も医療保険も素晴らしいです。

そこに来てこの戦争イケイケムードの安倍政権の政治について日本人として意見を聞かれるって、、、。福島の話題だってまだぜんぜん落ち着いてないのに。あれ、かなり脱線しつつあります。

とりあえずドイツのARDニュースで取り上げられたことは、安倍政権よりも古賀氏の行動を応援したいと思うわたしにとっては嬉しいことでもあるんです。

実際、ネットで読んでいる限り大手新聞社の報道姿勢には震災以来うんざりしてます。首相や大臣の答弁もバカらしい、答えになってない、ふざけるな、と思います。この報道を見て、祖国日本がいつの間にかこんなになってしまって。。。と思わずにはいられない。目の前に悲惨な日本の現実を、改めてあいまいさの少ないドイツ語できっぱりと突きつけられたこの衝撃。

ドイツ在住のわたしにできることは在外選挙くらいしかありませんが、投票できる選挙には必ず反自民、反原発で投票させていただきます。

長くなりましたが、以下すごい適当ですけど、報道内容をざっと書いときます。適当で飛び飛びなので、もっとちゃんと訳してくれているサイトがあったらぜひリンクをコメントで教えてください。

政治は常にメディアに干渉する云々という武蔵大学の社会学者、永田浩三氏のTV朝日とTBSへの政治からの圧力についてのコメント。

安倍政権のメディアへの圧力はテレビだけではない。朝日新聞では8月に従軍慰安婦についての記述で騒動が起きた。

メルケル首相は東京の朝日新聞で発表した談話の中でドイツの歴史問題へ取り組みと、隣国との関わり方について触れた。

安倍首相は日本の歴史を書き換えようとしている。公共放送のNHKは2014年はじめに「政権が右といえば右、左とはいえない」と発言。

それ以来NHKは天気とスポーツと事件犯罪などを報道し、政治については政権よりの報道しかしていない。だからメルケル首相の談話を発表した場所、朝日新聞社も、談話の中の自己責任でというメルケル首相の忠告も報道されなかった。

メディアだけでなく、教材も安倍政権の態度にあわせて書き換えられた。

従軍慰安婦報道をめぐるメディアの問題、それに極度に繊細な安倍政権の態度。永田教授のコメント、「今日の日本の報道は憂うべく状態です。ほとんどが安倍政権の手先です。日本人は世界で最もニュースを消費しているが、そこから民主主義は育ちません。現代の日本人は緊張や対立を避けます。危険であれば他者から排除されるのです。それは社会のなかだけではなく、メディアの中でも特に顕著に見られます。」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする