CとSEタイプが混在、ドイツの電気製品のプラグとコンセント

スポンサーリンク

ドイツでけっこう長く暮らしていたのに、特に気にしたことがなかったドイツの電気製品の差込プラグ。ドイツで使っている携帯電話やらその他の電気製品を日本へ持って行って遣う必要があって変換プラグを購入しよう、と思った時に「C?SE?いったいどれ?」とはじめて思った次第です。

変換プラグだけでなくドイツのコンセントや電気製品のことなど、ドイツと日本を旅行や出張、留学などで行き来するときに役に立ちそうなことをまとめてみましょう。

ドイツではCとSEタイプが普通に混在

ドイツで使われている電気製品の電源プラグにはCとSEタイプが混在しています。下の写真、左がCタイプ、右がSEタイプのプラグ。同じように2本の丸い差込プラグなのでよく見ないと違いが分かりません。

ドイツのコンセントCとSE

左がCタイプ、右がSEタイプの電源プラグ

よおく見てみると左のCタイプのほうがSEタイプのほうが2本の丸い棒状になっているプラグ部分の直径が少しだけ太いのが分かるかと思います。

iPhon_Mac_ドイツコンセント

左がMacの電源プラグ(SEタイプ), 右がiPhoneの充電のプラグ(Cタイプ)

一般的に左のようにコンセントの土台というかピンが取り付けてある部分が大きく丸くなっているものがSEなのかと思っていましたが、右のように平べったいタイプでもSEタイプのプラグがあります。

CタイプとSEタイプのコンセントの違い

Cタイプのプラグは丸いピン部分の直径が4mm、SEタイプは直径が4.8mmという違いがあります。間隔はどちらも丸い部分の中心で19mm(18.6mmとの資料もあります)と同じです。

なので、ドイツでドイツの電気製品を使う場合や、変換プラグを使う場合には、SEタイプのコンセントにはCタイプのプラグを差すことができますが、CタイプのコンセントにSEタイプのプラグを差すことはできない、ということになります。

一般的なドイツのコンセント

ドイツの一般的なコンセント

高いところについているコンセントはこのようにSEタイプで、電源スイッチ(左)といっしょになっているタイプが一般的です。壁の下のほうについているコンセントは電源スイッチなしで、コンセントの差込口がふたつ並んだようなタイプが多いです。

写真があればよかったのですが、家でもどこでもわたしが知っている限りSEタイプのコンセントしか身近にありませんので、残念ながら画像で紹介できるのはSEタイプのコンセントのみです。

(Wikipediaには、Cタイプのコンセントは古い規格なので、現在ではもう新しく作られていないという記述がありました。)

家庭のコンセントはCもSEも使えるのが普通

ドイツにもいろんな地方があって、いろんな家があるので壁のコンセントもそれぞれだと思いますが、わたしがいままで使ったことがあるコンセントでどちらかのプラグが差し込めない、という経験はまだ一度もありません。

でもネット上ではSEタイプがさせなかった、という書き込みもありますから、ドイツ国内の建物のなかには、稀にCタイプのコンセントが壁に取り付けられていることもあるようです。

日本とドイツを電気製品を持って行き来する場合

プラグの形状があっていることも大切ですが、ドイツと日本では電圧の違いがありますから、まずは使いたい電気製品が対応している電圧を確認します。

携帯電話やカメラや電気カミソリなど、旅行に持っていく可能性が高い電気製品はたいていドイツと日本両方の電圧に対応しているので、変換プラグさえ使えば普通に使えることも多いです。

ヘアドライヤーや炊飯器などはドイツと日本では電圧を変換しないと使えないのですが、容量の大きな電圧変換機は大きくて重い上に高いので、消費電力の大きな電気製品は現地対応のものを用意したほうがよいでしょう。(炊飯器その他の電気製品については別記事(準備中)をご参照ください)

特に旅行で来る場合は、ドライヤーは備えられている宿泊施設も多い印象です。事前に聞いてみるとよいでしょう。買っても安いものは10ユーロぐらいからあります。ドイツで25ユーロも出せば日本のヘアサロン並みの威力のドライヤーが手に入ります。

ドイツで日本の電気製品を使うための変換プラグ

日本のプラグタイプはAという名前がつけられています。

つまり、ドイツで日本の電気製品を使用するための変換プラグを探しているのであれば、AタイプからCタイプの変換プラグを用意すれば、ドイツのどんなコンセントにも刺して使うことができることになります。

日本でドイツの電気製品を使うための変換プラグ

ドイツで買ったわたしの携帯電話の充電器のようなものを日本で使う場合にもプラグの形状が違うので変換プラグを使う必要があります。理屈としては、SEタイプからAタイプの変換プラグを使えばドイツのどんなタイプのプラグも刺さるということになります。

CタイプからAタイプの変換プラグの場合は、SEタイプのプラグが太すぎて刺さりません。知らずにSEプラグをCタイプの変換プラグに無理やり差したら、おくまで刺さらず、ひっかかってしまって抜くのに大変苦労をしました。

ですから、日本でドイツのプラグを使いたい場合は、どちらかひとつ用意するなら、SEタイプからAタイプを用意するべきです。(若干ゆるい感じがする物もありますが、抜けて困るほどではありません)

壁のコンセントに取り付けられた赤ちゃんの安全対策用コンセントガード

SEタイプのコンセントは日本のものよりも穴が大きめなので、赤ちゃんや子供が指をつっこんだり、ピンのような細いものを突っ込むかもと考えてしまうと、とても危険な感じがします。

実際に細いおもちゃをつっこんで感電した、という話も身近で聞いたことがあります。幸い命に別状はありませんでしたが、聞いたときは鳥肌が立ちました。ドイツで小さな子供がいる家ではたいていコンセントにガードが取り付けられています。

コンセントガードには、はめて穴をふさいでしまうもの、上下にずらしてプラグを差し込めるもの、ぐるっとまわしてプラグを差し込めるものの3種類を見た事があります。いちばん普及しているのは、ぐるっとまわしてプラグを差し込むタイプです。

ドイツのコンセントガード

ドイツでこのコンセントをはじめて見ると??? 使い方が分からない、差せない、という声もあります。確かに面倒なのですが、差し方のコツをつかめば簡単です。

このいちばん穴が深いところ、プラグの2本の棒を縦にしして少し押しながら、右に回して本来の横にふたつ並んだコンセントの穴の位置までスライドさせて押し込むとプラグが刺さります。抜く時は、まっすぐそのまま抜けばよいのです。

知っていれば簡単ですが、子供がいないとこのコンセントガードはとても邪魔に感じます。そして、ガードがついたコンセントにどうやってプラグを差し込んだらよいのかなかなか分からない、ということもあるようです。以前、短期間住んだアパートも前の住人が子供のいる家族だったため、家中のコンセントにガードが入れてあり、それを苦労してぜんぶ外したことがあります。

コンセントガードは両面テープで貼り付けてあるのですが、つけたくてつけている場合でも、テープがしっかり留まっていないとプラグを抜いた時にコンセントガードがくっついてきて一緒に外れてしまうこともよくあります。子供がいる場合はコンセントを抜いた時には毎回ガードが外れてしまっていないか確認するとよいでしょう。

コンセントガードはAmazonやベビー用品を扱うオンラインショップにあるほか、実店舗では、dmやミュラーなどのドラッグストアのベビー用品コーナーにあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする