小学校の成績と卒業後の進路

スポンサーリンク

ドイツの小学校が4年間なのは有名です。でもそれに伴い、どういう違いが日本の小学校の4年生までと、ドイツの小学校4年間で現れてくるのか、ということになると、実際に小学生の親を経験しなければ分からないと思います。

今年はうちには4年生の子がいないのですが、そろそろそんな時期だったような、と思って州のサイトを確認したら、今年のGrundschulempfehlungは2月10日までに出すと書いてありました。

https://www.service-bw.de/lebenslage/-/sbw/bergang+in+weiterfuehrende+Schulen-5001333-lebenslage-0

1年生〜4年生で劇的に変化する学習進度

ドイツの1年生はとてものんびりしています。ドイツ語授業を例にすると、1週間でアルファベットひとつを習い、1年間かけて全部のアルファベットと綴りの組み合わせの読み書きを学習します。学年の後半になると簡単な文章を読んだり書いたりするようになりますが、わたしの感覚では日本の1年生が半年でやる学習を1年かけてやるようなイメージです。

算数も同じく、1年生の最初は数字を書くところから習うので、算数なのに塗り絵がやたらと多くて、まるで日本の入学準備用のワークブックみたいです。子供の友達は1年生後半でまだ数字を左右逆に書いたりしていました。(賢い子です)

2年生もまだ比較的のんびりした感じで進みますが、それが3年生〜4年生になると嘘のように学習内容が高度になり、自分の意見をまとめてみんなの前で発表する、議論する、などの能力も求められるようになります。

小学生が最初の成績をもらうのが2年生の最後。2年生ではドイツ語と算数だけに点数をもらいます。これがまず子供の学力を知る目安になります。

ギムナジウム進学を希望するなら、ドイツ語と算数が平均で2.5以上の成績を目指します。でも2年生の最後の成績で油断してはいけません。先に書いたように、3年生以降はドイツ語がしっかりしていないとドイツ語授業だけでなく、他の学科でも内容が高度になりはじめ、進度も上がってきます。半期や学年末の成績だけでなく、普段の小テストなどにもしっかり準備し、課題も丁寧にやりましょう。成績に反映されます。

わたしは最初の子のときは日本の学校のような感覚で勉強は学校任せでのんびりしていましたが、子供の同級生の親とのやりとりで、成績のよい子の多くは家庭でかなりの親のサポートを受けているのを知ってちょっと焦りました。

それで初めて小学生用のワークブックを見てみましたが、その種類の多さにビックリ。元からできる子でなく、成績をあげようと頑張っている子は家庭でこんなのをやっているんだ!と気がつきました。

ドイツの小学校は授業数が少ないです。全て学校まかせにしていると、放っておいても勉強ができるような子以外は2年生でもらった良い成績が保てない可能性が出てきます。

成績が下がりはじめたら、すぐに家庭でのサポートを増やすなどの対策をしないと戻りにくくなります。日本語で書いていますから、日本人家庭か片親が日本人の家庭向けに言わせていただくと、日常会話では問題がなくても、ドイツ語の学習言語が学年相応まで使いこなせるようになっていないと、先生の説明が分からない、問題の意味が分からない、などの問題が出てきます。

ドイツ語は放っておいても学校で使っているから大丈夫、と思うのは危険です。ドイツの現地校で勉強ができる子は、家庭で幼い頃から読み聞かせをしてもらったり、家族と話したりするせいか、ドイツ語の語彙が豊富で、使える文法が高度です。幼稚園の時点でも既に差があります。わたしでも差が分かるぐらいなので、小学校の先生には、はっきり分かると思います。

3年生以降の成績(ドイツ語と算数)は進学先を決める基準になるので、希望の学校にあった成績が取れているかを気にかけておかないと、4年生になってから慌てても間に合いません。進学先に影響するのは4年生の前半までの成績で、4年生の後半の最初、今年は2月10までに先生からの推薦をもらいます。

小学校の次の進学先の割合

うちのBW州を例に、小学校の後に子供達が進学する学校の割合をみてみましょう。(このような統計はどの州でも公開されているはずです。)

https://www.statistik-bw.de/BildungKultur/SchulenAllgem/GSE.jsp

これは、実際に子供が進学した学校の割合ではなく、Grundschulempfehlungenと言って子供が4年生の2月ごろに小学校からもらう推薦書の内訳。「この学校に進学をお勧めします」と小学校の先生から出された進学先の学校の割合です。

市によってギムナジウムに進級する子の割合はかなり差がありますが、BW州では2019/2020年度には、全体で46.7%の子供がギムナジウムへの推薦を受け取っています。これは各地域の平均で村などの細かい数字が出ていませんが、地域によってはかなり高かったりだいぶ低かったりします。

以前はこのGrundschulempfehlungという小学校の教師から受け取る推薦書に効力がありましたが、2012/2013年度以降はこの推薦書の内容にかかわらずに親が進学先を選べる、ということになりました。

でもその後の何年かは、勉強ができないのにギムナジウムに入って、先生たちが困っているという話を聞くようになりました。これはギムナジウムに通う子の親にも聞きましたし、教師をしている知人たちからも聞きました。

ギムナジウムも定員がありますし、うちの子が出したときも第3希望ぐらいまで書くようになっていました。なので、成績にかかわらず親が入れたいと言っても必ず好きな学校に入れるという訳でもなさそうです。子供のギムナジウムでは入学手続きの際の提出物にGrundschulempfehlungがありました。

無理をしてギムナジウムに入っても、成績が伸びなければ試験に受からず、他の学校に転向しなければいけなくなります。それほど珍しいことではなくて、実際に知人にもいます。ギムナジウムに入ればそのまま確実にアビトゥアまで進める訳ではないのです。

逆に小学校の後にギムナジウムに進学しなくても、その後で成績が伸びれば将来大学まで進学できる可能性も残されています。

小学校で起こるトラブル

成績が進路に関わってくる時期になると、子供たちもストレスを感じるようで、小学校の3年生〜4年生ではイジメ的なものや、暴力などの話をよく聞きます。

これは統計などを見てではなく、自分の子供の学校や、友人の話などの範囲なのでその程度に読んでもらいたいのですが、怪我をするような喧嘩や、イジメが原因で1年留年することにした、暴力で自宅謹慎になったなど、小学校の保護者会でも取り上げられるような問題が起こるのは3年〜4年です。

1年〜2年では、授業中にうるさい、立ち歩く、トイレを汚すなど学校に慣れる段階での問題のほうが多かったです。クラスの子供の組み合わせによっては学級崩壊寸前みたいになる場合もあります。

あとは、うちの子の場合はありませんでしたが、先生が頻繁に病欠する、長期で病欠して代理の先生が見つからないなどで授業が一定期間できなくなるケースも知人2人から聞きました。

小学校の途中でドイツに来た子供

親の仕事などで小学校の途中からドイツに来て、小学校から成績をつけられないと言われる場合があります。母語で勉強がよくできるのであれば、現地校から成績がもらえなくても入学を認めているギムナジウムがあります。

地域によって事情が違うので具体的にはかけませんが、うちの地元には2校そういうギムナジウムがあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする