ドイツで蜂やWespeに刺されたときの処置

スポンサーリンク

わたしはドイツで今までBiene(西洋ミツバチ)に1回、Wespeに1回刺されています。どちらもまわりのドイツ人がみんな心配してくれるくらい腫れたので、症状は重いほうなのだと思います。

ドイツ人に聞いた蜂刺されに効く処置方法を書いてみます。

  • ミツバチで針が刺さっている場合は1秒でも早く抜く
  • そのとき、針のおしりについている袋を圧迫しない(毒が入ってるから)
  • 毒のまわりを減らすためにできるだけ動かず安静に
  • 刺された場所を冷やす
  • 刺された場所を水で洗って、毒を絞りだす
  • 切った玉ねぎを刺された場所に当てる(ドイツの民間療法)
  • はちみつを塗る(ドイツの民間療法)
  • 乳幼児が蜂にさされたら応急処置の後は小児科へ
  • ホメオパシー Apis mellifica D6
  • 痒み止めの塗り薬(Fenistil, WeledaのCombudoron Gelなど)
  • アレルギーの飲み薬(Fenistil Tropfen)

ホメオパシーは正直言ってまったく信じていませんでしたが、蜂刺されのときのApisの効果は絶大で、ホメオパシーを使おうと思うきっかけになりました。というのも、最初にApisをドイツ人から渡されてしばらく飲んでいたけど、もういいかな、とやめたらみるみるまた刺された箇所が腫れてきて、あわててまた飲み始めたら、また腫れが引いてきたんです。誰にでも同じ効果があるのか不明ですが、わたしには気持ち悪いくらい(ありがたかったですけど)とてもよく効きました。

塗り薬はWeledaのCombudoron Gelを使いました。これは赤ちゃんや子供でも使えて、その他の蚊などの虫刺され、日焼けの肌の痛みにも使えます。(傷口が開いていると塗ったときにしみます。)わが家では常備薬です。他には一般的によく使われるFenistilというかゆみ止めのクリームがいいと言われました。

夜中に刺された箇所が脈にあわせてずきずきと痛んで眠れないほどでしたが、患部を氷水で冷やすと痛みはかなりマシでした。わたしの場合は、毎回、刺されて3日ほどは腫れて痛くて痒くてとても辛いです。その後も痒みや痛みが続いて、刺された後5日~7日ほどで気にならなくなりました。

蜂にさされるのは夏の終り(8月だけど今頃?)が多いそうなのでお気をつけて~。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする